海外配送対応・日本全国送料無料・2-5日配達時間



News

機内持込可能サイズと言えば、キャスター込みですか

投稿者 : weiguang wang on

Q:【国内・国際線】機内に持ち込みが可能な手荷物の個数、大きさ、サイズはどのくらいですか。   A:機内には、身の回り品(ハンドバッグ、カメラ、傘など)のほか、手荷物1個を持ち込むことができます。 持ち込めるサイズとルールは以下のとおりです。   個数 お一人様1個まで サイズ 3辺(縦・横・高さ)の和が115cm(45インチ)以内 かつ、 3辺それぞれの長さ55cm×40cm×25cm(22×16×10インチ)以内   *上記には付属品(キャスター・ハンドル等)を含みます。 *小型機(座席数100席未満)の場合、収納スペースが限られる為、サイズが異なります。  3辺(縦・横・高さ)の和が100cm 以内かつ3辺それぞれの長さ45cm × 35cm × 20cm (18 ×14 × 8 インチ)以内 総重量  身の回り品を含め10kg(22ポンド)以内   説明: ①お持ち込みの手荷物は保安検査場で大きさを確認いたします   手荷物検査機にサイズを確認するゲージを装着しています。 規定サイズを超える手荷物は保安検査ができません。 持ち込み可能サイズを超える手荷物は保安検査場通過前にカウンターにてお預けください   ②上記サイズには付属品(キャスター・ハンドル等)を含みます。 機内収納スペースの関係上、3辺の合計が115cm(100cm)以内の手荷物につきましても各辺のサイズを超える場合はお預けいただきますよう、ご協力をお願いいたします。   ③規定サイズ内の手荷物であっても客室内の収納スペースに収まらない場合はお預かり手荷物として貨物室に搭載させていただきます。

続きを読む →


衝撃に強いスーツケース素材は?

投稿者 : weiguang wang on

 スーツケースのボディーには実に多くの素材が使われています。大きく分けてハードケースとソフトケースに分かれます。衝撃に強いスーツケースが欲しいなら、それぞれの素材の特徴を理解すると選びがらくになります。     ハードタイプの中には、プラスチック樹脂で製造されたスーツケーツはよく見られています。   ABS樹脂製 ABS樹脂は強度や、衝撃等のバランスが非常に良いです。光沢感も有り、スマートなイメージを与えます。 ただ、強度が強い分重いという点で、現在では、単なるABS製は安物にたまに見る程度です。   2、PC(ポリカーボネート)製 ポリカーボネートは新型材料で、強度が高く、薄く作ることができるので重量が軽くなります。但しその分、触ったときにベコベコとした風に凹むのが特徴です。ということで、今はABSとPC二種類の素材を混合してスーツケースに用いることが多いです。   3、ABS+PC製 混合素材は本来の高強度の特性を持ち、と同時にABS100%より軽くて、PC100%より安くて、「硬い」という印象です。耐久性性も高いことが多いです。   プラスチック以外に、もう一種類のハードタイプ素材があります。 4、アルミニウム合金製 現在、一番高い素材として、圧倒的な存在感を放つアルミボディのスーツケースは、多くの人にとって憧れでもあります。もちろん、高額の分アルミ製スーツケースは魅力的な見た目を持ち、耐食性と振動吸収性に優れ、強度や耐久性が抜群で、長寿命なため長く使えて安心です。但し、金属素材はABS、PCなどの樹脂類より重くて、一旦傷付きをしたらすごく気になってしまうので手軽な海外旅行としてはあまりおすすめできません。   ソフトタイプの素材は、一般的にナイロンを使用しています。 やわらかい素材なので、軽く、柔軟性があるのが特徴です。ソフトケースは強度がないと思われがちですが、割れたりしないので、ハードケースよりも強いとも言われています。ナイロンは耐水性が低いため、撥水加工がされた製品もありますが、この面ではやはりハードタイプのほうがましです。また、柔軟性がある反面、刃物などで破壊できるので防犯性は低くいとも思われています。   スーツケースによく使用されているボディ素材を一通り紹介しました。自分が好きなスーツケースを選びましたか。 実はどんな素材でも一長一短が有り、予算や長所短所を見ながら素材選びをしてみてください。  

続きを読む →


スーツケースのあれこれ

投稿者 : weiguang wang on

スーツケースによく使われているポリカーボネート樹脂は、非常に溶剤に弱いため、絶対に使用してはいけません。 2、保管する場所は、カビを防止するために、なるべくなら風通しの良い場所がベストです。 3、ホイール部分は一番汚れやすいので、硬く絞った濡れタオルで念入りに拭きます。髪の毛やホコリなどが絡まっているときは、ゴミを取り除きます。 4、ソフトタイプもハードタイプも、本体は硬く絞った濡れタオルで拭くだけ。洗剤をつけると素材が変質してしまう場合もあるので、水拭きにとどめましょう。 5、内装については外したり洗ったりができないため、極力汚さないように配慮が必要です。 特に液体のシミなどは取りにくい状態なので、中にそういったものを入れる場合はビニール袋等で厳重に梱包したほうが良いです。 6、沢山の重い荷物を詰めると、開閉ファスナーや、キャリーバー、キャスターなどが壊れてしまう恐れがあります。 7、ボディに消えない傷をつけたら、シールを貼って傷を遮られます。或いは修理専門店に頼みます。 8、できるだけ雨を避けてください。万が一雨で濡れたら柔らかい布で水分を吸い取り、陰干しください。 9、使わない時は、ソフトケースに重いものを置けないでください。変形してしまう恐れがあるからです。また、内に新聞などを詰め込むのも変形することが防げます。     注: スタッフに細心の注意を払っていますが、掲載内容の信頼性、サイトの安全性を完全に保証するものではありません。 本内容によって生じるトラブルや、その他いかなる損害について一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。  

続きを読む →


キャスターに髪の毛が入ってしまった!

投稿者 : weiguang wang on

スーツケースのキャスターに髪の毛や糸などのゴミが巻き込まれたら、滑りが悪くくなります。取ろうとしてもなかなか取れないです。そんときはどうしたらいいですか。   現在、殆どのスーツケースのキャスターは交換できる仕様です。そうしたら、方法はすごく簡単になります。キャスターを分解すれば簡単に掃除ができます。   取り外しができない場合は、そのままに掃除しなければいけません。   2、巻き込まれた髪の毛などをピンセットやラジオペンチで摘んで取ります。   3、取り切れない場合或いはラジオペンチが入らない場合はカッターナイフを使い髪の毛を切ってから針などで髪の毛を掻き出します。

続きを読む →


ラゲッジタグの重要性

投稿者 : weiguang wang on

ラゲッジタグは、航空機等で荷物を預ける際に目印として付けたりする「荷物札」のことです。   なぜスーツケースにラゲッジタグを付けるのが必要ですか。   他の人のスーツケースとの差別化のためです。   2、ロストバゲージが発生した祭に役に立ちます。カバーのあるネームタグを付けておくことをおすすめします。また、名前だけでなく、携帯番号や宿泊するホテルなども記載しておけば、万が一ロストバゲージに遭っても荷物が戻ってくる可能性が高くなります。

続きを読む →